妊活 コーヒー

妊活中のコーヒーの飲み方について

コーヒーを飲む女性

 

妊娠中や授乳中はコーヒーの摂取を控えます。

 

なぜかと言うと、カフェインが含まれているからです。

 

では、妊娠前の妊活中なら飲んでもいいのでしょうか。

 

まず、カフェインには身体を冷やす効果があります。

 

これはホットでもアイスでも同様です。

 

この冷えというのは妊活中にはあまり良くないことです。

 

冷えは内臓、そして子宮も冷やします。

 

すると血行不良のため機能が低下し、不妊の一因になると考えられているからです。

 

 

利尿作用があるのもデメリットに

利尿作用もあり、必要以上に栄養分が逃げてしまう可能性もあります。

 

妊活中は鉄分が必要ですが、そんな鉄分を摂取しても吸収される前に排出してしまっては意味がありません。

 

しかもカフェインは鉄分の吸収を妨げる効果があります。

 

そのため、カフェインの摂りすぎはよくありません。

 

しかし、コーヒー好きな方はやはり飲みたくなります。

 

そこで我慢してストレスを溜めるのもよくありません。

 

ですから飲むなら1日1杯、2杯程度、もっと飲みたいのであればノンカフェインにしたり、カフェオレにしてカフェインの摂取を控えることをお勧めします。

 

そして、鉄分の吸収を妨げないように飲むのなら食後1時間以上空けた方がいいです。

 

 

妊活中は赤ちゃんのためと思って、様々なことを我慢したり制限したりする方がいます。

 

しかし、我慢のし過ぎはストレスを抱えるだけです。

 

コーヒーも同様で、飲むのをやめる必要はありません。

 

適切な量なら問題ないので、飲み方に工夫をしてストレスのないようにして下さい。